Taxonomic Blog


by taxonomicblog

アミメトビエイ

Taxonomic Blog 012
b0062119_19173697.jpg

英名:Ornate eagle ray
学名:Aetomylaeus maculatus
和名:アミメトビエイ

翼長:2.5m
生息水深:18m以深
生息域:モルジブからパプアニューギニア・台湾北部・ニューカレドニア南部・パラオのマングローブ域・チャネル(水路)付近の砂地※日本でも標本が得られた。
撮影地:ゲロンインサイド
Auther:tomoya

まいどです!やっとオルネイトイーグルレイ、アップできますよ。今まで数回目撃したんですけど、はっきりと個体が分かる写真ゲットできなかったんで。今回は長く見れたこと、お客さんとマンツーマンで潜ってたんでカメラを借りやすかったことでなんとか写真撮れました。


さて、オルネイトイーグルレイですけど和名がつきました。『アミメトビエイ』です。背中の網目模様から来てて、珍しく和名の方が分かりやすくシンプルな名前やと思います。まあオルネイトイーグルレイの方が通る名前なんで、あえてアミメトビエイとは言いませんけど、日本でも揚がったんですねぇ。


今回はゲロンのインサイドで遭遇。水深は25mです。安全停止に入る直前で見つけました。毎度のことですけど、テンション上がりましたー。10分くらいはじっくり見れたんちゃいますかね!?背中の網目もがっつり見ました。こいつは網目模様以外にももう一つ大きい特徴があります。尾鰭が以上に長いんです。

b0062119_19182274.jpg


マダラトビエイなんかでも、幼魚の頃は体に対しての尾鰭の比率は相当大きいですけど、大型になってもオルネイトの場合は尾鰭がべらぼうに長いです。初めてジャーマンチャネルで目撃した個体は翼長3mオーバーでしたが、尾鰭がこれまた長かった!至近距離やったんで、全体が視界に入りきりませんでしたからね。

レア度としては“激レア”の部類に入ると思います。パラオに一年居て、1~2回くらいの遭遇率でしょうか。遭遇しても、スーッとフェードアウトしていきます。砂地を好むようで、ジャーマンチャネル、ゲロンインサイドで目撃例が多いです。ウーロンチャネルやゲロンアウトサイドでもたま~に見られるそうです。個人的には、今回のゲロンインサイドそして過去にジャーマンチャネル、ゲロンアウトサイドで目撃しました。


撮影のチャンスは“稀”ですが、パラオに是非狙いに来てください!!


ともや
[PR]
by taxonomicblog | 2006-10-24 19:19