Taxonomic Blog


by taxonomicblog

イレズミフエダイ

Taxonomic Blog 018

英名:Blue –lined sea bream
学名:Symphorichthys spilurus
和名:イレズミフエダイ


体長:50cm
生息水深:-30m~
撮影地:フィリピン・マルケサス諸島~ニューカレドニア・琉球諸島・パラオ諸島
食性:肉食性 魚類・甲殻類のほか軟体動物なども捕食している。
撮影者:橋蔵

b0062119_1823763.jpg


今回は、イレズミフエダイ・Blue –lined sea breamです。秋/春のパラオを代表する一種であり9月~10月と4月~5月にかけて信じられないほど巨大な群れを形成します。その他の季節は、まったく見かけることがなく、一年を通じてほとんどの季節を内海(inshore lagoon)や水道(チャンネルリーフ)のあたりに生息しているようです。

シャークシティーとイエローウォールでは、この季節の新月の数日前あたりから巨大な群れが見られるようになります。これは、産卵のためにリーフエッジまで移動してくるためではないかと考えられています。

さて、撮影方法ですが、群れのもつ圧倒的な巨大さを表現するために10.5mm-Fish-Eye-Lenzを使っています。性格は異常なほど神経質で気配を殺し慎重にゆっくりと近づいてもまったく近寄ることを許さず、といって猛烈に追いかけてもそれ以上のスピードで逃げていくだけ。撮影自体は、比較的容易ですから、その距離をうまく縮められたら撮影は成功となります。


Aggregations --- 集合体・集団という意味ですが、フエダイ科の生物は時として、巨大な群れを形成することがあります。多くの場合、産卵行動の一過程だと思われますが、不思議な生態ですね。


はしぞう
[PR]
by taxonomicblog | 2007-04-14 17:59