Taxonomic Blog


by taxonomicblog

<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヒカリイシモチ属の一種

Taxonomic Blog 016

英名:―
学名:―
和名:―

全長:1cm
生息水深:10m~
生息域:パラオ
撮影地:ヘルメットレック
Auther:tomoya

b0062119_15422376.jpg


『ヒカリイシモチ属の一種 Siphamia sp.』です。
沈船ポイントの『ヘルメットレック』、水深-15mで撮影しました。
Nikon D100 + Anthis nexus D100、レンズは105㎜、ストロボはD-180S一灯です。

内湾の枝上サンゴで観られる種です。
複数で住んでるんですけど、シャイボーイでなかなか撮らせてくれません。
かなりサンゴに対しての依存性が高く、離れることはまずないようです。
この仲間はホストに対しての依存性が高いことが特徴みたいです。


初めて観たのは『スパイクフィンガーデン』でのこと。
あの時は夏の台風シーズンでした。
ダイビングワールドさんの取材で、内湾を潜った時でしたね。
僕の好きなテンジクダイ科の魚やから、テンション上がりましたねぇ~。


この種は内湾の枝上サンゴを探すと、どこでもっちゅーわけにはいきませんけど、それなりに観られます。

ガイドしてて困るのは、僕がごっつ観てもらいたくて紹介しても、それほどの反応が得られたことがないゆうことです。
ネタ的にも小さいし、とにかく観づらい。

これ、観たい人はお越しになった時にリクエスト下さい。
まぁ無いやろけど。
パラオにはこんなんもいまっせ!!


ともや
[PR]
by taxonomicblog | 2007-03-02 15:46